意外とドラマはないFTMの生活

今までなんとなーく埋もれて生きてきたFTMが楽に生きてる奴もいるよって話をします。因みに、下衆な人間です。

結果発表

落ちました!w

 

まぁ細かく書いてませんでしたが、社長面接ですね。

 

全然ハマってないなーと実感してました。

 

私は普段緊張してないときはこんな人間ですよとこちらが言ってるのを、社長が信じてない顔をしてましたので、なんとなくですが無理かなと思っておりました。

 

でもこれ書くと余計にダメになりそうな気がしてかけず、、、そーゆー固定観念捨てろと言われてるのを忘れてましたが。

 

しかしながら不採用の理由を伺ったところ、私自身はどんな人間なのかわかってないと言われました。

テストの整合性も怪しいと。

 

おいおい、あのYGのペーパーテストもかなり真剣に応えたし、あがり症で社長の前じゃなーんにもできなかったし、そして結局それはあなたの中でテストと面接の結びつけがうまくいかなかっただけじゃ?た本気で思いました。

 

というのも、一次面接は割と素で行けたといつか書いたと思います。

私は、今回の性格テストの結果に沿った性格であったでしょうし、一次面接の面接官の方や、見学の際話して頂いた社員の方はそれを受け取ってくれたのだと考えます。

翌日に電話で一次通過していただきましたので。

 

そして最終面接当日、夜勤明けで面接に挑みました。

気を抜いていたとかではなく、体が限界でした。

自分を出せませんでしたし、目はぼやけるし、耳はポワーン。

 

日を改めて貰えばよかったと感じましたができる限り一所懸命に話しました。

頭は回らず、支離滅裂。YO。な状態ですよ。

 

全て自分の責任ですが「人物重視、人柄重視」の面接において「これが本当の私です」という状態じゃなくて落ちるというのは本当に避けたかった。

 

性格悪いってことかー!

嘘ついたってことかー!

結局あんたの好みかー!

なんでお前は夜勤明けに来たんじゃー!

 

と脳内でデモが起こります。

自分に対しての文句が多いです。

しかし、結局独裁なのかな?あんなにいい人っぽいのにな。と残念な気持ちにもなりました。

だって、私は会社の方と会った時に、普通に世間話もできて、馴染めると直感でわかりましたし、一次通過も「皆と話し合って」と聞いていたからです。

つまりみんなはある程度認めてくれていたのに、社長がダメだと言ったからダメなんです。

 

「自分を知れ」

 

親や友人に言われるならまだしも、会って30分で、素でもなく、紙の性格テストで判断されこの言葉に「?」がたくさん浮かびます。

 

日本の企業は、1日だけ気合い入れた俳優が欲しいのかな?

 

一日俳優やって、そいつ全然できなかったら?

 

私が社長になることが奇跡的にあれば、面接は家庭訪問して親とか友達とか兄弟とかと会って話したいもんですけどね。

 

外向きに作られたやつから、人柄なんてわからないでしょ?

 

面接のプロ「わかるんですよ!」

わーすごーい!

だって落ちたやつはもう会わないからどこでどう活躍してようがわからないもんね!

ぱっと見ハズレと当たりなら多分誰でも判断できるよ(笑)

ハズレと勘違いした当たり、当たりと勘違いしたハズレがいるんでしょ?

 

あんたがダメなだけだろと言われれば、そうですよ。

間違いなく私が悪いし、運も、縁もなかったのです。

でもやはり、就職や転職の形が苦手です。

取り繕うの嫌いです。

 

あと、「うちの会社はこんなにいいし、誇りに思ってる」という方々から感じるのは、他の会社を下に見てるということ。

 

他よりも、登らねばならない、差をつけなければならないからこそ、裏を返せばそうなる。

 

誰でも、闇、持ってるもんですよね。

 

あの面接官、社長と入れ替わったあとキャラ変わりすぎでしたから。

あの時すでに決まってたんでしょう。

今だからいうけどね。

 

視点は沢山あります。

そのどれを選ぶかというだけなんです。

 

真面目な気持ちからの視点

ちょっと斜めから見ちゃう視点

馬鹿になる視点

上から見下ろす視点

全部ポジティブにとる視点

 

気分で変わるものですけどね。

 

長々すみません。

眠たいので乱文ですがもう寝ます。

 

広告を非表示にする