意外とドラマはないFTMの生活

今までなんとなーく埋もれて生きてきたFTMが楽に生きてる奴もいるよって話をします。因みに、下衆な人間です。

生い立ち②

こんにちは、前回は小学校の頃までを書きましたが、本当は細かいエピソードがたくさんありすぎてもっと長かったんです。

断腸の思いで切りました。

それでは続きです。

 

中学校

①制服事件

順調に成長して中学です。

はい、セーラー服です。

もちろん周りからのリアクションも予想できます。

入学式、みんなが「あいつセーラー着てくるんだよなww」と期待。

こちらも期待に応えスカートをめくり体操着をみせます。

「まさかとは思ったけど本当にきて着たーw」と言われ、「スースーするー」と呑気にしゃべってましたねー。

気分的には、文化祭とかで女装して舞台で踊るお調子者いますよね。あんな感じ。

自分のことより場の盛り上がりです。

とりあえず母上に頭をはたかれ「中学からは女の子らしくしなさい」とお叱りを受けました。

 

正直これを着て3年間というのも、やっぱ女か、という感情もあり、複雑な心境でしたが、どうにかしたらどうにかなるんじゃないだろうか?というよくわからない期待と根拠のない自信がありました。

 

そして、イヤイヤ言ったからといってどうにかなるわけでもないという諦めもありました。

 

②月に一回事件

体の異変はありました。

いわゆるみなさんが死にたくなる生理です。

 

私の場合、痔だと思っており、しばらく誰にもバレずに過ごしました。

というのも、必要な時には必要なものがあるもので、母のナプキンが吸収力に優れていることを見つけ、取り付けることに成功したからです。

 

ええ、何も考えずに使ってたら正しい使い方をしておりました。

 

これが女のやることだとかいう固定観念がなかったからよかったのかもしれません。

私にはノーダメージでした。

 

血が止まらない、なんだか怒られそうだからパンツにはつけられない!

そうだ、あれを使おう!となりました。

(ちなみにパンツはキャラクターものの母が買ってきたパンツです。)

 

そこで、母から改めて性教育を受けたのですが、そうか、そういう器官があるから出るのか、でも気持ち悪いなぁ。。。

 

え?ってことは子供産む方?!

 

遅咲きのパニックです。

 

意識し始めると、世の中の見え方が変わりますね。

制服

兄についているのに自分についていないモノ

胸にブラを義務付けられ

小学校まで昼休みにサッカーしてた仲間が、誘ってくれなくなり

どんどん思わぬ方向へ成長し始める体

そして成長した体には水着が辛い

見ないでーとなります。

 

総合して、私が思うのは、私自身の体が違うとかいう違和感もありますが、周りから「女」として認識されていく違和感がとても強かったです。

 

自分の認識と周りの認識のズレに気づいたのです。

 

自分だけなら、まぁ世の中いろんな人がいるから、こーゆータイプの男もいるよねーで済みます。私の場合はですが。

 

今までもやもやーっと、気づいたり、でも違うよね〜を繰り返してきましたが、もはや逃げ道が無くなってきたわけです。

 

辛くはありません。

どうにかしてやろうと思ってました(笑)

 

高校

とりあえず自分が行けるレベルの中学と変わらない距離で商業へ行きました。

まさかの女祭りです。

クラスに男子は7人他33人は女子です。

 

クラスでは変なふざけたキャラが確立してしまい、そこまであからさまに女だ男だと面倒なことに巻き込まれないようにしておりました。

 

気の合うタバコ仲間の男の先輩(公園で吸ってたら見つかった)と「青いベンチ」でもくもくして、「お前はどこが女だよw」「神様が間違えたか、母親のお腹にちんこおとしてきたのかもですねww」「ありえるわーww」という話をしてました。

※未成年でしたごめんなさい。

 

ちなみに見た目はゴツめの女子です。

この辺で、髪を短くしたり、制服を拒否して男らしくする人も見かけましたが、見た目がいちいち「おなべっぽい」でしょ?

 

あれはあれで嫌だったんですよ。

郷に入れば郷に従えというやつです。

目立ちたくなかったので。

あと、すね毛とかもちぇるちぇるなんで剃らないと大変なことになります故、ジョリジョリしてました。

 

FTM」という言葉に出会ったのは高校生。

女の友人が、「あたしの彼氏ftmなんだよね」と言ってきたことでした。

よくわかりません。

なにそれおいしーの?です。

 

そこで調べてみることにしたのです。

 

「これかぁ」

が私の感想。

 

ただ、劇的なことはないというか、むしろ、性同一性障害というものがあって、法律も改正されるほどのもので、日本は生きづらいという事を知ったという意味で衝撃でした。

 

何とかなるという根拠のない自信は守られましたが、自分ではもっと簡単なものだと考えていたためそんなに金かかるのか!とか、手続きめんどくさ!という感じ。

 

いやー面倒。

 

③進路

またこれが大変。

泣きました。

何がやりたいなんてないわ!と。

「金を稼ぎたい」しかない夢のない奴でしたので。

商業なので就職の求人票はたくさんきてましたが、初任給9万とか(笑)

実家ありきですよ。

 

人一倍独立心の強い私は、ちぇるちぇるランドを出る決心をしたのでした。

 

仕事編はまた次からにします。

 

広告を非表示にする

生い立ち

月並みですが、生い立ちでも書いておきましょうか。

 

1988年、南の島で生まれました。

 

丸々太ったかわい…くはない女の子です。

 

もちろん覚えておりません。

 

写真を見る限りは女の子です。

 

名前も明らかに女の子です。

 

1、次男

保育園の頃でしょうか、自分では意識せず普通に過ごしておりましたが、「あら次男?」とよく話しかけられるようになりました。

もちろん自分は次男のつもりなので疑問にはおもわず、むしろその後の母の

「そう見えるけど、女の子なのよ〜」

という言葉に頭の中クエスチョンマークだらけでした。

しかしまだまだ幼い私は、ああ言われたらこう返すのが大人の会話なのだと思っていました。

ぶっちゃけこの歳じゃ男か女かの概念なんてありませんからね。

 

2、幼稚園

割とやんちゃに過ごしましたが、この時に男だ女だのちょっとした事件は起き始めます。

 

①ガジュマルの上でチュー事件

ある女の子とある男の子がガジュマルの上の秘密基地でチューしてたーっていう噂みたいなものが立ちました。

その時、私は全く理解できず周りのおませさんたちに合わせてきゃーきゃー言ってました。

 

②男なのにセーラームーン事件

今でも鮮明なのは、ある男の子がとても上手にセーラームーンのオレンジ色の金髪の子(すみません、詳しくなくて)を画用紙に描いてました。

それを見た他の男の子が「男なのにセーラームーン描いてるー」とからかってるのを見ました。

それに対して周りもわーきゃー言ってたのですが、私はみんなが騒ぐ理由が全くわかりませんでした。

今思えばその子は多分mtfだだかもしれませんし、セーラームーンが好きなだけだったのかもしれません。アイデンティティがあっていいではないですか。

その頃の私は変身ベルトが欲しかったですが、セーラームーンも見てたと思います。

まだまだまだ性別なんてものわかってません。

 

3、小学校

①ランドセル事件

まぁここで大体の人がぶつかるのがランドセル事件でしょうか(笑)

私も赤いランドセルでした。

特に疑問にもおもわなかったのが、年の離れた兄がランドセルではなく普通のリュックだったため、色が男と女で分かれてるとも思ってませんでした。

ちなみに、太りすぎて2年生の頃にはランドセル背負えなくなりました。

 

②スカート事件

しかし、なんとなくスカートは周りの友達も履いていないし、髪を伸ばそうとする母にみんなと違うから切りたいと懇願しておりました。叶いませんでしたが。

抵抗の甲斐あってか、入学式にはスカートではなくキュロット?ズボンだけど前に布があってスカートに見えるみたいなのになりました。

そして、なんとなく自分は女子というものに属しているのだとわかり始めます。

まだ理解には至らず、グループに分けた時に紅組か白組かぐらいの認識です。

なぜか世の中はグループ分けされてて、自分は言われたグループに属しているという感覚。

基本受け身な人間なので、言われた通りにはいはい、という感じで多分みんなよりも性というものに対する自覚が遅かったのではないでしょうか?

男と遊び、周りも女の子扱いしないし不便はほとんどありませんでした。

 

性教育

ここで大体の人が死にたくなるみたいです。

私はというと、なんで分けられたのかとか、何を基準に分けられたのかも全く理解してませんでした(笑)

本当に成長が遅かったのかもしれませんね。

なのでみんなほどショックも受けてないですし、ちんちんないタイプの男もいると思っていたのかもしれません。

たった小便するのも、試したけど下手くそだったからやめたという感じ。悩みませんでした。

世の中が二分されてるなどと考えもしてません。

性教育もちゃんと聞いてません(笑)

 

③部活

部活にも入っていましたが、自分は「女子」というものに分けられているのでとりあえず女子のチームにいる。というだけです。

周りの女子がどーのとか、胸がでかくなってきたとか言ってるのに対しても、自分はデブだから大きいよねーみたいな考えでした。

しかし、そんな呑気な私にも自覚しなければいけない時期がやってきます。

 

④思春期突入

小学6年、いつも通り友人(男)といっしょにかめはめ波昇龍拳で戦いながら登校。

すると女子の集団から「付き合ってるんだーひゅーひゅー」とはやし立てられ、多分私よりも理解のあったその友人は「そんなことねーし!」と遊んでくれなくなったのです。

悲しかったですねー。

そこで男とは、女とは、なぜみんなが分けられ、なぜ体の形が違い、なぜみんながからかうのか、そして自分の体や性別は「女」であることを本当の意味で理解し始めました。

名前にも納得。それまではちぇるちぇるランド特有の、一人称は自分の名前というのが当たり前だったのですが、急に恥ずかしくなり「自分」と言うようになったのです。

 

⑤自覚

つまり、私の自分の性への自覚は、社会的な性への認識の壁にぶち当たったのが最初ということで、多分他の方と比べて遅く、他の方は体の形で自覚することを考えると、ちょっとだけ違う道を通っているのかもしれません。

ちなみにエロへの目覚めは早かったですが、エロ本は自分が男という目線で見てたので、大人になったらエロいことするとき「勃つ」と知った時、今何もないところからニョキニョキ生えてくると思ってました。

だってエロ本って大事なところぼかされてるから。

この頃には枕に腰振ってましたねー。懐かしい。

 

長いですね。

ここまで読まれた暇な方ですか?

ありがとうございます。

お疲れ様でした。

とりあえず今日はここまでとしておきます。

 

広告を非表示にする

はじめまして

こんにちは。

ブログってのは初めてですが、最初の記事は基本的に自己紹介なんだとか。

多分ここにきている人は、何かしらのワードで検索してきて、私に興味を持ったということですね。

仲間、つまり変態ということですね。

よろしくお願いします。

人間皆変態ですよ。

あれ?気づいてませんでした?

ようこそ変態の城へ。

すみません。

真面目に自己紹介いたします。

名前は伏せますが、

年齢:28

出没:ちぇるちぇるランドから名古屋

仕事:福祉系

性別:女(2つのどちらかと言われればね)

生活:男(つまりFTMです)

好き:女性

身体の性趣向:なんでも。この辺が下衆です。気持ちよければいいんで。批判されると気持ちよくなります。

見た目:ちっさいおっさんです。

真面目そうと言われます。基本はふざけてますが。場はわきまえております。

そんでもっていわゆる完パスです。

「そんな事みんな言ってるけど、全然パスできてねーよ!」

という声が聞こえてきますね。

私もなんども叫んだことがあります。

大丈夫。本当です。

今までいたしかたなく「性同一性障害です」とカミングアウトしたことがありますが、「え?おねぇ?」と言われます。

ゴツい見た目も相まって大半の方からは「ゲイ」と勘違いされます。

こちらから言わないと病院の先生も気づかず、胸オペの跡を見ても、わからず、説明してやっと通じます。

診察券も男になってて、優しいなーって思ってたら3回目の受診で「あれ?間違えてますね!すみません」となおされました。

主治医には、男通り越しておっさんになったねとお褒めの言葉をいただきました。

ありがたや。

なんでこのブログを始めたかというと、私が調べたいことが中々検索できないからです。

なので、どうせなら自分の独り言や考え方も適当に吐き出せる場所があってもいいかなと思って開設しました。

よろしくお願いします。

見る人がいればですが、ご意見やご相談も仏の心で受け止め、修羅の如く吐き捨てます(^^)

広告を非表示にする