読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外とドラマはないFTMの生活

今までなんとなーく埋もれて生きてきたFTMが楽に生きてる奴もいるよって話をします。因みに、下衆な人間です。

タイムイズマネー

こんにちは。

昨日は暇すぎてエロい投稿をしようかと思ったんですが、内容がエグくなってきたので下書きに潜ませておきました。

気が乗れば投稿します。

 

さて、タイムイズマネーと題しましたが「時は金なり」とよく言いますね。

なぜこの言葉を引用したかと言いますと、やめどきについて考えたからです。

退職・転職って人生の一大事ですよね。

しかも私は未経験からIT業界に挑戦しようとしています。

 

ネックになることはたくさん。

・年齢(28)

・性別(戸籍上女性)

・未経験

・介護からの転職(なぜかイメージが悪い)

・高卒

・転職回数

・文系のサービスから理系への転換

 

だけどがあります。

1、地元に雇用を増やしたい。

2、LGBTで埋もれてる優秀な人間が、自由な姿で伸び伸びと働いていただける環境を作りたい。

つまり、最終的に事業を起こしたいと考えています。

なぜITかというと、インターネットがあれば仕事ができて、今現在の地元で当たり前になっている中国のような賃金の扱いをローコストで改善できると考えたからです。

(勉強不足ですが、これからもっと学びます。)

 

だからこそ次に人生をかけています。

その覚悟を伝えたところで、採用側は未経験ならまっさらな新卒か、25歳まで、あとは社風とかも関わってくるからまたただでさえ狭い門が狭くなります。

 

そんな中、もし決まらなかったらバイトしながら勉強や転職活動をすることにして、退職の日を先に決めました。

 

実際施設は人数が足りていません。

施設長は引き止めに躍起になっています。

でもやめます。

なぜそこまで迷惑かけても辞めるのか。

 

 

私は1年前に退職を申し出ておりました。

しかし、まだ立ち上げ間もない施設から主任が一人消えるのは困る、1年待ってくれと言われたので1年の約束で現在まで待ったのです。

 

自分にも責任感があり、同僚に迷惑をかけたくないというのがその時の考えでした。

 

そして1年が経ちました。

私は今回の転職活動を最後のチャンスだと考えています。

人生をかけたとても大事な活動なのです。

 

だからこそ時間が惜しいのです。

 

もし「残ってくれたら50万円出すよ」と言われても残りません。

 

50万円で時間は買えないからです。

 

人生を、夢を諦められる金額ではありません。

 

同僚にはとても悪いことをしてしまいます。

本来ならもう一人が入社して、教育してから辞めるのが常識でしょう。

人がいない今、なぜ辞めるのかと思っているでしょう。

そんなこと、私が誰よりもわかっていますし、罪悪感に押しつぶされそうなのも確かです。

 

でも、私は今までに誰かの代わりに何度も休日出勤して、残業をして1ヶ月に夜勤を14回、しかも明けの次の日はまた出勤で、職場にいない日はありませんでした。

毎日いるなら住んだ方がいいのでは?と思うくらいです。

そしてそれを繰り返し1年を捧げました。

生真面目な性格なのでお金をもらっているからと外部講習にも自ら行き介護の精度をあげることを惜しまず続け、自分の夢も諦めかけたのです。

夢に向け勉強したくても本当に時間が足りませんでした。

 

それなのに、まだ私の時間を欲しがるのですか?

 

そう思うのです。

もちろん出たぶんの給料は出ます。

しかし望んでいない、自分は勉強がしたいと告げているのに改善努力をしません。

入居者様や同僚に対する、私の思いを利用されていた気分です。

ただいるだけの人員が欲しいなら派遣でもなんでも使えるはずです。

浮いている人件費は安易に計算できます。

今のタイミングで辞める私が悪いように思われても仕方ありませんが、実際施設側は人員の確保という大切な責務を怠ってきたのです。

 

そのために、私は人生における今の大切な選択を先延ばしにはできません。

 

特に何度も面接を受け、性別はクリアしたのに年齢的に遅いと断わられることの方が多く、時間の大切さを感じています。

このブログも息抜きです。

 

勉強しながら雑念が沸いたら書きなぐり、またスッキリして勉強に戻る形を取っています。

 

今は監査が入ったことで勤務量を減らしていますので、勉強をすることができ、とてもいいタイミングだったなと感謝しています。

勤務時には人手が足りなくてバタバタですけどね。

 

何が言いたいかというと、もし介護職で、夢を追いかけていてでもみんなのことを考えたら仕事をやめられない人。

 

やめちゃいなさい。

 

もしあなたが辞めたら運営停止になると言われたらこう言ってください。

「私が辞めたから運営停止になるのではなく、施設が人員確保の責務を怠ってきたから運営停止になるんです。この運営停止を回避することと、私の人生を天秤にかけてどちらが大切だと思ってるんですか?

職を失う人が出たとしても、それはあなた方の責任でしょう」

 

ここは折れてはいけません。

あなたが残れば会社はそのままの状態を維持することしか考えません。

あなたの将来など、どうでもいいから対策をせず引き止めているのですよ。

そして、飛んだりせずちゃんと真っ向勝負しましょう。

ブラックなら最悪、無断欠勤で「懲戒解雇」出しますよ。

 

むしろ送り出してくれるようなところなら、きっとやめたいとは思っていないでしょうね。

 

このパターンがどれだけあるのかわかりませんがね。。。

では。

結果発表

落ちました!w

 

まぁ細かく書いてませんでしたが、社長面接ですね。

 

全然ハマってないなーと実感してました。

 

私は普段緊張してないときはこんな人間ですよとこちらが言ってるのを、社長が信じてない顔をしてましたので、なんとなくですが無理かなと思っておりました。

 

でもこれ書くと余計にダメになりそうな気がしてかけず、、、そーゆー固定観念捨てろと言われてるのを忘れてましたが。

 

しかしながら不採用の理由を伺ったところ、私自身はどんな人間なのかわかってないと言われました。

テストの整合性も怪しいと。

 

おいおい、あのYGのペーパーテストもかなり真剣に応えたし、あがり症で社長の前じゃなーんにもできなかったし、そして結局それはあなたの中でテストと面接の結びつけがうまくいかなかっただけじゃ?た本気で思いました。

 

というのも、一次面接は割と素で行けたといつか書いたと思います。

私は、今回の性格テストの結果に沿った性格であったでしょうし、一次面接の面接官の方や、見学の際話して頂いた社員の方はそれを受け取ってくれたのだと考えます。

翌日に電話で一次通過していただきましたので。

 

そして最終面接当日、夜勤明けで面接に挑みました。

気を抜いていたとかではなく、体が限界でした。

自分を出せませんでしたし、目はぼやけるし、耳はポワーン。

 

日を改めて貰えばよかったと感じましたができる限り一所懸命に話しました。

頭は回らず、支離滅裂。YO。な状態ですよ。

 

全て自分の責任ですが「人物重視、人柄重視」の面接において「これが本当の私です」という状態じゃなくて落ちるというのは本当に避けたかった。

 

性格悪いってことかー!

嘘ついたってことかー!

結局あんたの好みかー!

なんでお前は夜勤明けに来たんじゃー!

 

と脳内でデモが起こります。

自分に対しての文句が多いです。

しかし、結局独裁なのかな?あんなにいい人っぽいのにな。と残念な気持ちにもなりました。

だって、私は会社の方と会った時に、普通に世間話もできて、馴染めると直感でわかりましたし、一次通過も「皆と話し合って」と聞いていたからです。

つまりみんなはある程度認めてくれていたのに、社長がダメだと言ったからダメなんです。

 

「自分を知れ」

 

親や友人に言われるならまだしも、会って30分で、素でもなく、紙の性格テストで判断されこの言葉に「?」がたくさん浮かびます。

 

日本の企業は、1日だけ気合い入れた俳優が欲しいのかな?

 

一日俳優やって、そいつ全然できなかったら?

 

私が社長になることが奇跡的にあれば、面接は家庭訪問して親とか友達とか兄弟とかと会って話したいもんですけどね。

 

外向きに作られたやつから、人柄なんてわからないでしょ?

 

面接のプロ「わかるんですよ!」

わーすごーい!

だって落ちたやつはもう会わないからどこでどう活躍してようがわからないもんね!

ぱっと見ハズレと当たりなら多分誰でも判断できるよ(笑)

ハズレと勘違いした当たり、当たりと勘違いしたハズレがいるんでしょ?

 

あんたがダメなだけだろと言われれば、そうですよ。

間違いなく私が悪いし、運も、縁もなかったのです。

でもやはり、就職や転職の形が苦手です。

取り繕うの嫌いです。

 

あと、「うちの会社はこんなにいいし、誇りに思ってる」という方々から感じるのは、他の会社を下に見てるということ。

 

他よりも、登らねばならない、差をつけなければならないからこそ、裏を返せばそうなる。

 

誰でも、闇、持ってるもんですよね。

 

あの面接官、社長と入れ替わったあとキャラ変わりすぎでしたから。

あの時すでに決まってたんでしょう。

今だからいうけどね。

 

視点は沢山あります。

そのどれを選ぶかというだけなんです。

 

真面目な気持ちからの視点

ちょっと斜めから見ちゃう視点

馬鹿になる視点

上から見下ろす視点

全部ポジティブにとる視点

 

気分で変わるものですけどね。

 

長々すみません。

眠たいので乱文ですがもう寝ます。

 

気づいた

こんにちは。

 

気づいてしまいました。

 

私は、面接で落ちることが不幸だと思っていました。

 

逆に、面接まで行かせてもらえることがありがたいと思えばいいんですよね。

 

何に感謝すりゃいいんだよと思ってたんだけど、そういう事なのかなと。

 

書類すら通らない人たちが沢山いる中で、FTMと告げながらも面接まで行けるのはありがたい事。

 

自分が選んでいる、針の穴をちゃんと通れている。

 

その後の結果は、自分が選んでるんだから、文句を言うべきは自分なんですよね(笑)

 

なんてことをしてたんだ。

 

なんかもう自分にありがとうの代わりにお掃除します。

 

 

引き寄せって深いのね

こんにちは、いつの間にやら引き寄せられて引き寄せをネットで見ちゃった私です。

 

そもそも「引き寄せの法則」とか「鏡の法則」とか「スピリチュアル」という類の言葉と出会ったのはかれこれ8年ほど前。

 

巷がオーラ全開の頃ですかね?

その頃お付き合いしていた方が大好物だったので、私もそれを聞かされておりました。

 

別に否定的でもありませんでしたが、恩恵に預ろうとも全く思いませんでした。

特段必要ないなと。

良さそうなところというか頭に残ってることだけやって見たりしました。

瞑想だったり、あとは運命的な部分の意味づけみたいに。

 

で、彼女はレイキにも行きました。

面白かったのは、彼女は勉強しているけど、最終的に感情で流してしまう人だったことです。

例えば、レイキ1回目

「すごかったー体がガーってなった!」

と訳わからないけど凄く満足。

 

2回目

「あの先生なんか高圧的で嫌い」

 

ん?

 

んん??

 

私は突っ込みました。

「よくさ、スピリチュアルか自己啓発の本とかで教えてくれるけどさ、あれってつまり、その人は君なわけだよね?君のイメージが具現化した周りに対する君ってことだろ?特に君は強いタイプだから先生を引っ張っちゃったんじゃないの?」

 

「何も知らないくせに!」

わーきゃー。

この流れで発狂されるというのが毎度のことでしたが、彼女自身が変わりたいのか、とりあえず周りの手を借りて幸せになりたいのかわからない人でした。

 

多分ちゃんと勉強した方は、まず負手放す気がするし、感謝の気持ちが基本中の基本と言いますよね。

 

それがない。

自分の体にも感謝できない。

 

私にはその彼女が自ら病気になっていく様に見えました。

 

お別れした後、入院したそうです。。。

 

私は沢山の知識を与えてくれた彼女には感謝してますし、今でも友人です。

 

そして今回引き寄せの法則にまた何故引き込まれたかというと、まず転職を決意したのが以前の本を作る会社と同じ業務内容で割と安定している企業を見つけたこと。

そこに行きたいと応募したのですが、書類でアウト。

簡単にゃいかんなーと思っていたのですが、やっぱり自分はパソコンを使った仕事がしたいんだと気付きました。

そういえば高校ではプログラミングをかじったけど、生半可なもんじゃなかったしなーと調べてたら…未経験歓迎の文字。

え?初心者でもいいの??

とやってるうちにあれよあれよと目指せプログラマーとなってきたのです。

 

そして初めての面接で「javaやってみたら?」と言われその帰りに本を購入して勉強。

 

その後その会社からお祈りメールが届きましたが、勉強を始めるきっかけとなりました。

 

何故か書類審査は余裕で通る私。

その次の会社でも面接。

そこでは、それまで以上に自分らしさとは何か、考える場となりました。

 

この2つに至っては入りたいと思っていたけど行く気がしない会社でした。

落ちてもダメージがない様な。

 

そして次の会社が以前にも書かせていただいたところです。

自分を受け入れることを学びまました。

 

落ちても落ちても思うのです。

 

あ、縁が無かった、学びに行ったのだと。

 

そして最近出会った会社は本当に自分を受け入れた瞬間に見つけたところで、PRとか、自分に聞かれたら答えられる様に自己について考えるうちにいつの間にやら引き寄せの法則というものに辿り着いたのです。

 

ネットを見てると言葉が沢山ありますが、あ、これを調べようあれを調べようとやってるうちに、結局のところ、

今幸せだと思ってる人に幸せが来る。

他人は自分である。

与える人に与えられる。

欲しいと思ってるのは裏を返せば無いと思ってる。

幸せになりたいは今幸せじゃ無いと思ってる。

だから自分が思ってる自分がそのまま今の状態というもの。

 

深い。

深すぎる。

 

という考えすら、余計に深くしてしまうということかと無限ループしてます。

 

結局のところ八百万に感謝するということ。

 

毎日単調だなと思うのか、毎日沢山感謝できて幸せだと思うのか。

 

それを意識しただけでも最近の私は凄く心穏やかです。

 

今は面接も最終の結果待ちですが、それぞれを加味して考えると、私は社長で社長が私。

採用。というかもう会社の一員。幸せ。ありがとう。

 

と信じるということなのかなと。

 

もしかしたら、潜在意識の中で、もう決まったことがあるのかもしれませんが瞑想とかしてないのでそれもわからず。

 

ただ、私はこれまで割と幸せを感じる方の人間だったので、藁にもすがる思いというわけでは無いんですが(笑)

 

もっと知った方がいいということかもしれませんね。

 

あと、夢で「おーむ、ぶーるぶわー…」っていうおまじないが出てきました。

 

あれなんだろ。

 

一次面接の結果

実は、次の日に電話があり、一次面接通過をお知らせしていただきました。

前回のブログはやや乱心でしたが、僕が感じた合格するわこれって感覚をちゃんと記しておきます。

(あくまで現在は一次突破です)

 

①緊張感が無かった

と言うのも全くないわけじゃなくて、慣れもあるとは思うんですが、頭真っ白まではいかなかったんです。

準備も、そこまでかっちりと決めずに等身大でと意識してました。

 

②面接官と入り口で出会う

10分前に伺ったんですが、丁度私がエレベーターから降りたところに通りかかった男性に「こんにちは」と挨拶してオフィスへ向かうと、まさかのその方が面接官でした。

焦りましたが、挨拶できるアピールにつながりました。

 

③とにかく話せた

これまでは、目を見て話さなくちゃ、変なこと言っちゃダメだと意識しすぎて言葉に詰まりましたが、いい子ちゃん意識を手放して、本当に気になればその場で聞き、過去の失敗もどんどん話ました。

と言うか話せました。

 

また、会社の求める人はこんな人で、うちはこんな会社ですよ。という説明がとても多く、しかもその内容に心から納得。

素直にリアクションもできました。

 

④細かい福利厚生と、入社日の話が出た

質問も決まったものだったので、これも流れ上面接者全員だと思いますが。。。

ちなみにもう決めているのでそれを言うと、「普通は次が決まってからだと思うんですが、なぜ?」

と聞かれたので、「保険かけてると良くない気がして、死に物狂いで頑張るためのプレッシャーです」と言ったら笑われました。

「勇気ありますねー(笑)」と印象がいいのか悪いのか。。。

 

⑤職場見学

形式的ではあると思いましたが、先輩方とお話しさせていただく機会がありました。

みんないい人で、用意していた質問意外で何聞こうかと迷ってましたが、第一声「楽しいですか?」となってしまい。。。

先輩「楽しいと言うかやりかいありますよ」とずっと笑顔。

年齢一個下で若い。。。先輩。

私もつられて笑顔だし、慣れ親しんだ人だからか面接官も素がでてたし、その中に溶け込んでいる自分もいました。

あとは本当に雑談して、忙しそうだったので「すみません、お仕事に戻ってください」と私が仕切ってしまいましたが。。。

そこでチームリーダーに、どんなことを勉強すればスムーズに入れるかも聞きましたが、今の勉強を聞いて「それだけできれば、こちらでいくらでも教えます」とのこと。

頼もしい。

 

⑥謎の既視感

本当に初めてと思えなかったんです。

オフィスへ入り、自分がお客さんという感覚が全くありませんでした。

おかしいですが、もうなんだか次からくるのでよろしくお願いしますという感じ。

みんなの終わりの挨拶もなぜか「よろしくお願いします」だったので、もしや最初の面接官が一次面接で、今が二次面接なのか?と。

通される人は決まってないのかもと思いました。

 

⑦心から楽しかった

先輩方と話すことがとても楽しかったんで、自分も素直な笑顔が出てたと思います。

そして帰るときの充実感。

 

今まで数打ちゃ当たるで受け入れてくれればそこで頑張ろうと思ってましたが、自分が急にわがままになってしまいました。

 

ここがいい。

 

単純にそう思えたんです。

 

ダメなら次とかいうのが普通でしょうが、ダメなイメージがもう全く掴めない。

 

最初はアルバイトでもいいから食い下がりたいと思ってます(笑)

不思議な感覚

新たな面接に行ってきました。

 

とてもいい雰囲気で、とてもいい人たち、そして社内の見学をさせていただきましたが、ここで働きたい!

と本気で思ったというかもう前から知ってるような気になりました。 

先輩方にしてもそうですが、この人たちを知っていると思えたのです。

 

運命を感じました。

社風に自分があっていると心から思えたのです。

ここに来るべくしてきたような。

 

不思議な感覚。

もし引き寄せの法則があるのなら、私はここで働きます。

信じています。

 

もう一度、いや何度でもあの場所へ行きます。

その感覚があって手放してはいけないという事がわかるのです。

1つも不安を感じませんでした。

 

以前、ここしかないと思ったところは少しの不安があったのです。

その予想通りでした。

それはきっと私自身が拒否していたのでしょう。

 

でも今回はない。

名古屋へ来て最初の会社でも同じ感覚でした。

自分はここで働く。

そうわかったのです。

あの時と同じ、この感覚を大切にします。

 

そして現職を辞められるかなと不安でしたが、辞めます。

 

引き寄せの法則でいうと、辞められなかったらというイメージがイコール辞められなくなるから、それは受からないということへ繋がります。

 

だから、現職を辞めて、新しい人生を切り開くイメージをします。

それを信じるだけです。

 

いきなり変なこと言うなと思うでしょうが、証明します。

 

おやすみなさい。

 

転職活動

こんにちは。

 

ただいま絶賛転職活動真っ只中。

 

最初の作戦がうまくいかず、結果的に最初からぶっちゃけ作戦としました。

 

最初の作戦

1.カミングアウトしないで応募

2.そのまま面接。手応えあり、ほぐれたらカミングアウト

 

これだけです。

というのも、先に話してしまうと、ポテンシャルとか云々の前にもう性別の話で頭いっぱいになると思ったんで。

 

しかしこの前受けて、面接がグッダグダで、落ちそうだから言わなかったところから内定の電話がきました。 

そこで告げ、一度社内で検討して見てくださいと返しました。

それで簡単に質問を受けて内定となりました。

 

しかし、人事担当者とその上司(面接官)は入社して欲しかったそうですが、他で悶着があったようで、一度決まった事を覆されることになったのです。

 

もちろん辞退申し上げました。

 

互いのためです。

 

そして反省。

 

こればかりは、最初に言っていれば内定まで行かなかったのでしょう。

 

次からは最初からカミングアウトした上で活動再開いたしました。

 ぶっちゃけ作戦です。

 

実は今まさにぶっちゃけ作戦中です。

 

もし世の中がLGBTとか普通すぎて誰も興味を持たないくらいの空気感であればぶつからない壁がたくさんあります。

 

普通に転職活動ができるのです。

 

例えば、LGBTなのわかって雇ってくれた今の会社捨てるとか恩知らず!と、思う人も中にはあるでしょう。

もうその時点で不平等であり差別なのです。

気づかぬうちに、皆差別者となり、わたしは私を差別する人を差別するのです。

 

話を戻して、カミングアウトしないで登録していた私へのスカウトはたくさんありました。

 

20代後半、男性であれば沢山あったスカウト。

 

20代後半、FTMでは激減します。

 

若ければまた違うかもしれません。

戦えるフィールドが減ってしまうという点では、本当に不利です。

 

ほとんどの企業は、できれば優秀で、男がいい、そうでなければ女、それ以外なら文句のつけようがないほどの実力があれば…と言ったかんじでしょう。

実際そういう風潮は感じます。

 

私が優秀かと言われれば高卒で資格もありませんので。。。わかりますよね。

 

しかも未経験とくれば、かなり狭まってきます。

 

しかし、減ったとは言えスカウトは来ます。

見てるのか見てないのかわからない企業からですが、時に私の求めている職場が出てくることもあるのです。

 

とにかく、応募あるのみ。

 

頑張ります。